先日、久しぶりにバスを使って職場に向かったのですが、途中の停留所から小さな男の子が乗ってきました。
見た目の年齢は、まだ3歳か4歳くらいといったところでしょうか。
バスのステップがちょっと高いので、お母さんに抱きかかえてもらってバスに乗り、お母さんと隣のシートに座っていました。
しかし、どうやら窓側のシートがいいのか、一旦座ってから「こっちがいい」と、可愛らしく駄々をこねていました。
お母さんと席を交換して、バスの窓から外を見て、「あ、おまわりさんだ」とか、目に見えるいろいろなものに反応している様子でした。
私にも同じくらいの甥っ子がいるのでよくわかるのですが、本当にひとときもじっとしていられず、そして、超絶的な気分屋気質を発揮します。
最後は、自分たちが降りる停留所で降車ボタンを押して、運転手さんに「ありがとうございました!!」と大きな声で挨拶をしていました。
このくらいの年齢の子どもの元気さというかテンションの高さというのは、本当にびっくりさせられたりします。
とても微笑ましい光景だなと思って見ていたのですが、きっとお母さんはお昼にはくたくたに疲れてしまうんだろうなと思ってしまいました。脱毛ラボ vio