本当にダメなのが、意外と日本語だったりする。いろいろあるのだが、学校で習ったのは国語であり日本語じゃないような気がするのは私だけであろうか?
国語の授業といえば、ただ単に教科書で上手に教科書にある文を読み上げる、もしくは聞き取ることが半分で他の半分は多分漢字を覚えることに集中していたわけである。
そう考えれば、実際に会話としての日本語は全く習ったわけでも英語みたいに詳しい文法を習った記憶はないからである。
もっとも、ちょっとはやったはずだが、あくまでも先ほど挙げた読み書きだけで終始した覚えしかない。読み取る力とかそういものはドリルだし、言葉の意味をおしえてくれるのはあくまでも自分が字引をひかなきゃいけないわけで、基本的なルールは付属書にあったけど先生から習った覚えはない。
さらに、付け加えれば純粋な日本語としての勉強よりも思想教育も入ってくる・・・ってこちらの方はまたの機会に書こう。いつも思うのだが、国語というものよりも日本語という授業をやるべきだと思うがいかがであろう。