Author: wp_sv_4857_53110 (page 1 of 2)

ネットで婚活している女性がとても大変そうだと思った

私は結婚適齢期ではありますが、婚活は何もしていません。
自分が障害者ということもありどうしても自信を持つことが出来ないからです。
昨晩、ネットの婚活サイトに登録しているシングルマザーのドキュメンタリーが放送されているのを見ました。
自分から積極的に沢山の男性にお見合いの申し込みをするものの、どの男性もお断りして不成立ばかりなのにやるせなさを感じてしまいました。
子供がいるから駄目なのかと思いきや、自分も子持ちの男性からもお断りされているようでした。
積極的に再婚しようと頑張っているのに実際に会うことにも漕ぎ付くことが出来ないだなんて会員費用も勿体無いと思いました。
けど彼女の場合、自分と共通の趣味仲間の男性が気になって来たそうです。
同じ趣味を持つ男性ともし再婚出来たとしたら幸せじゃないですか。
バツイチ同士ですし彼女には結婚をして幸せになって欲しいです。
私も共通の趣味を持つ男性と結婚出来たら良いのですが、ネットですら共通の趣味を持つ男性が中々見つかりません。http://www.suburbanexpress.co/yosan/yosan-tennen.html

起き上がりこぼし、待ちに待ったものが届きました。

今日の午前中、携帯に知らない番号からの着信。
娘と一緒に寝ていたため寝ぼけながら電話に出る。宅急便からで荷物が届いているので今から伺います。
いつも寝ているのはパパの仕事の関係であさ4時半に起きてお弁当やご飯を作っており、家族みんなが出掛けた後に
娘と寝ています。家のチャイムが2階まで聞こえないので知ってる宅急便のお兄さんだと事前に電話くれるので助かっています。

何か頼んだっけ?と思いながら宅急便を待ち、荷物を受け取る。
こどもちゃれんじからだ!申し込んでから1週間もたたないうちに到着。
娘も起きたので早速開けてみると、しまじろうの起き上がりこぼしが入っており、娘に渡すと早速遊んでる。
カランコロンと良い音がなり興味津々。やっぱり子供の事を考える会社。
もう虜で離しません。
送られてきた箱にも仕掛けがあり6ヶ月の娘なので、組み立てるとハーフバースディのケーキになる箱でした。
あと数日で半年になるので組み立ててお祝いしようかしら。

他にも絵本やマットも入っていたのでちゃんと確認しよっと。
これでおもちゃや絵本に悩まなくっていいかも。値段も手ごろだったので良い買い物で満足です。
娘が起きたらまた新しいものを出して遊んでみたいと思います。カード ローン 低 金利

私の趣味は読書をすることがとても好きです。

私は子供の頃から読書が好きでした。漫画より字を読むことが好きで小説を好んで読んでいました。
小・中・高では図書室で毎日のように本を借りて、最高の日で一日冊以上読んでいました。
好きなジャンルはライトノベル、推理小説、SF、ホラーなどです。中でもライトノベルは多く読んでいました。
読書の楽しいところは文章を読みながら頭の中で登場人物や風景などを自分の好きなように想像していけるからです。
ライトノベルには時々挿絵が入っているのでキャラクターの表情や状況を把握できるという魅力もあります。
それに難しい漢字が出てきたときに振り仮名がふってあるので、とても勉強になるところも好きです。
難しい言葉も読んでるうちに理解できたりするのでとても面白いです。今は図書館が近くにないので購入しています。
しかし、新品は高いので古本屋で昔読んでハマったものや、気になった本を買って読んでいます。
近くに大きな図書館ができたらいいなとずっと思っています。http://www.vladimirlinencommunist.com/

東京へ観光旅行親と子供と嫁とご家族でお邪魔します。

去年の12月に家族で、東京の兄の所へ観光に行きました。家族で旅行なんて本当に何年ぶりでしょうか。自分達は子供がいるのでディズニーランドがメインでいったんですけど、親は兄に観光を案内してもらってました。ディズニーランドやっぱり人が多すぎですね。田舎からいったので余計に人の多さによってしまいました。子供も3歳だったのでお昼寝の時間になると眠たくなって抱っこと言ってくるので子供を抱っこしながら乗り物に二時間くらい待ったと思います。夜は子供を寝かしつけて親に子供を見て貰って嫁と二人でパレードを見に行きました。最初場所がなくて通路で見ていたら警備員さんに怒られてしまったのでしょうがなく後ろの方から見物しました。やっぱ本番のパレードは綺麗でした。二日目はディズニーシーに行きました。ディズニーランドよりは混んでなくて色々なアトラクションで遊ぶ事が出来ました。親も観光を楽しんだみたいで良かったです。今度又行きたいと思いました。http://www.br-guadeloupe.com/yoyakumatome.html

三菱一号館美術館に行く、道中も楽しいです。

三菱一号館美術館が好きです。美術館周辺の景観も好きなので、東京駅を降りてから、美術館に向かう道中も楽しい時間です。美術館に向かう途中、東京駅の前で結婚式の写真を撮っているカップルを見ました。東京駅の前で幸せを誓い合うカップルに出会えて、私も幸せな気持ちになりました。この周辺にあるショップもおしゃれな所ばかりです。気になって足を止めて、ウィンドウ越しにお店の中を覗いてみたりしました。中に入って、ゆっくりとしたいところですが、美術館でゆっくりと作品と向き合う時間がなくなってしまったら悲しいので、先を急ぐことにしました。歩いている時、歩道に三沢厚彦さんの作品がひょっこり現れました。私は三沢さんの作品のファンです。旭川に住んでいた友人に会いに、旭川に行って美術館に立ち寄った時に、三沢さんの作品に初めて出会いました。三沢さんの作品の凄さと愉しさにふれて、見ていて感動しました。道路に三沢さんの作品があるなんて、東京ってやっぱりすごいなと思いました。アコム 即日融資

子供のぬいぐるみ用に服を作ってあげました

子供が私がミシンで縫い物をしていると、いつも布とかをケースの中からあさって見ているので、「何か欲しいの?」と聞くと自分でぬいぐるみの服を作るからと言っていましたが、まだ子供は幼稚園に通っているので自分で針を持たせたりはまだしていないので、「それならママが何か縫ってあげるから、布を選んで」と言って布を選んでもらいました。子供は選んだ布でぬいぐるみにスカートを作って欲しいと言っていたので、その場で簡単なシンプルゴムスカートを作ってあげましたが、物凄く喜んでくれたので、こんなことでそんなに喜んでくれるのならまたいつでも作ってあげようかなと思いました。小さなことでもなんでも喜んでくれるし、ちょっと何かを作ってあげてもそれを持って当分遊んでくれるので、可愛いなと思いました。今回は犬のぬいぐるみ用にスカートを作ったのですが、今度は違うぬいぐるみ用にまた色々と服とかを作ってみようかなと思いました。布のはぎれだけでも十分作れるので、無駄にしないようにするためにもぬいぐるみ用にまた作ろうと思っています。http://www.waddellforsenate.com/yoyaku/

ピアノのお稽古、聴衆の場でピアノの演奏をする

仕事を始めてから、かねての夢だったピアノを習い始めました。元々鍵盤楽器にはなじみはありましたが、ピアノは習ってみたら奥が深いです!2週に1回、各1時間、近所のご自宅で教えているピアノの先生についていただきました。そのピアノ教室では少なくとも年に1回発表会があり、子どもの生徒さんに混じって、初めて買ったロングドレスに身を包み、難曲と言われるクラシック曲にチャレンジしました。仕事の忙しい時でもピアノに向くとそれだけに集中できて、その練習と、発表会の緊張を乗り越えた先には、苦しかった道を登りきって山頂にたどり着いた時のような達成感があり、更なる自分への挑戦と次の曲へのわくわく感がわいてきます。発表会はソロ(一人演奏)でしたが、学生仲間とともにバンドの1プレーヤーとして演奏会を開催しました。発表会は先生がすべて企画してくれますが、演奏会はすべて自分たちの手作り。会場や機材の手配からプログラム編成まで、演奏や曲を磨く以外にやることもありながら、仲間とともに協力して盛り上がって作った演奏会は、一つ一つが宝物のようです。来てくれたお客様も楽しんでくださり、自分たちの現在の姿を知ってもらうこともでき、同窓会や家族との交流の場にもなりました。今後は数年に1回、オリンピックのように開催していけたら良いなと思っています。即日融資 オススメ

優しくなってきた自分を褒めてみたくなったが…

外出先で複数人の子供を連れて歩いている女性を見ると、つい優しくしてしまう自分がいる。
今日まさにそんな行動を知らず知らずの間にとっていた。
会社の昼休み、ランチを食べようと近くのフードコーナーに足を運ぼうとしたときだ。
フードコーナーは雑居ビルの8階にあるので、いつもエレベーターを使っているのだが、このエレベーターが頭が悪くて困る。先に上行きのボタンを押しているのに、タイミング的にこれは上へいくだろうと予想すると大概外れるのだ。どんな仕組みでこのエレベータが動いているのか知らないが、とにかく乗り込めるチャンスがあるなら、絶対に逃したくないエレベーターなのだ。
そんなエレベーターを待っている間に3人の子供を連れたベビーカーを引いた女性も、私と同じように上へ行くらしく「えれれーたーこないねー」(エレベータではなく、えれれーたと言っていた)と子供と会話していた。
やっと5分程待ち、やっとエレベータが来たのだが、あいにく人が多く乗っていた。
腹が減っていた私だったが、心穏やかに一緒に待っていた女性と子供を優先し自分は乗らなかった。これが大人の男の余裕か?
ちなみにランチは食べ逃した。http://nyota.co/musee-unaji/

震災復興の遅れで過疎化が進んだ地区に差した明るい光

東日本大震災から今週末で丸6年になります。
NHKのニュースで復興の遅れについて,石巻市のとある地域を取材していました。
高台移転を前提に復興再開発をしてきたのですが,ようやく用地が整備されたのにそこに住宅が建たない現状があるようです。
その地区ではなんと全体の七割に当たる人口が流出しており,その理由として避難生活が長かったため被災者の方々が避難地に生活基盤を置いてしまい,地区に戻ってこない事を挙げていました。
復興を夢見て細々ながら昔からの商売を続けてきた人も,人口減による売上減で経営が不可能になるなど区民の生活にも支障が出ているようです。
復興のスピードが遅い事が人口流入を拒んできたわけですが,旧区民のリターンは期待できないでしょう。
この地区について明るい光は20代の若者が自治会長として存在している事です。
若者には時間が残されおり,長期で未来を見据えたアイデアが期待できます。
まったく新しい街を作る意気込みで都会からの移住や観光で賑いを作れば,地区に元々住んでいた人たちのUターンも期待できます。
是非地区の魅力を若い力でアピールし続けて欲しいものです。脱毛ラボ 脱毛箇所

「世界一キライなあなたに」はハッピーエンドじゃない悲しい映画

DVDで「世界一キライなあなたに」という映画を観ました。全く聞いた事もない題名の映画でしたが、そのわりにレンタル店の新作のコーナーでのランキングも上位の方にあり、「涙が止まらない…」というコメントが目に飛び込んで来て、最近泣くような映画を観た事がなかったので、興味を持ちました。
事故で四肢麻痺になった若い青年が、両親を説得してスイスでほう助自殺をするという実話をモデルにした小説を映画化したものの様でした。彼と両親との間では半年間待つという約束がされていました。その半年間、彼の世話役として雇われた若い女性と、心を閉ざしていた彼が次第に心を通わせる様になる…というストーリでした。
そこまでは、それほど珍しい展開ではないと思った私は、きっと彼女との出会いによって彼が自殺を思いとどまるのだと思って観ていました。しかし、実際は彼の決心は決して揺らぐ事もなく、彼女の思いとは裏腹に、一緒にスイスに来て欲しいと願うのです。最終的には彼女は彼の気持ちを受け入れ、彼は両親と彼女に看取られてこの世を去ります。そして彼女は彼の希望通り、自分の可能性を求めて新しい人生を歩き出します。
頭はしっかりしているからこそ、首から下が全て麻痺した状態での長い人生を続ける事が本人にとってはどんなに辛い事かは私にも想像できます。自分がもしそうなった時に、私も楽にして欲しいと願うかもしれないと思いました。日本ではなかなか安楽死もまだ認められないでしょうし、身近な問題とは思えませんが、実際にもし恋人や家族にそれに賛成して欲しいと言われたら、私はどうするだろうかと考えさせられました。
涙が止まらない…というよりは、心が痛くなる様な、考えさせられる悲しいお話でした。妊活マカ

Older posts