Category: 未分類 (page 2 of 6)

2018年9月19日水曜日楽天ポイント運用日記

ポイントを誤って全部使ってしまいました。
本来なら期間限定のポイントだけを使って買い物をするつもりだったのですが、送料が異様に高く取られていてかつ「全額ポイントを使う」を使ったら期間限定ポイントだけではなく無期限のポイントまで使うはめになり差額分まで請求されました。(気がつかず払いましたけど)
最初は何でと思いましたが、よくよく見てみたら送料が異様に高かったのです。
メール便で送ってもらうつもりが宅配便になってたので「それは高いわ」という風になります。
楽天市場で買い物する時はきちんと送料まで見ることをお勧めします。(送料は高いから)
でも全部ポイントが取られたからといって、いつまでもメソメソしているわけにはいきません。
最近ではデイリーヤマザキでもポイントを貯められるようになっていたので、早速使ってみたらお店側も慣れていない様子でした。
これからなのかなとも思いましたので、暫くは様子を見ようと思います。脱毛ラボ カウンセリング

レジン着色の失敗談と、レジンアレルギーについて。

今日は、レジン作品づくりの、あちゃーな失敗談を書こうと思います。
先日、レジン着色のためにセリアでオイルパステルを購入したんです。
しかし、いざ混ぜてみると……全然混ざらず、固体のままレジンに残留しておりました。
ダイソーのパステルは着色に良い、とインターネットで目にしていたのですが、どうやらセリアのオイルパステルはレジン作品には向かないようです。
100円均一って、失敗してもそんなに損した気分にならないところが良いところですね。
あと、つい最近知ったのですが、レジンアレルギーなるものが存在するそうです。
レジンに触れると肌が腫れてしまう、といった症状に見舞われるそうで、レジン作家なのに発症してしまって困っている方も居る、と耳にしました。
発症は突然だそうで、原因はレジン液に直接触れることらしいです。
今まで素手でレジン作品づくりをしてきたのですが、それを知り、ポリエチレン手袋を購入してレジン作品づくりを再開しました。
レジン作品づくりをされている方は、レジンアレルギーにはご注意下さい。

スープストックトーキョーというお店、知っていますか?

先日、初めてスープストックトーキョーに寄りました。食べるスープの先駆けであるお店で、スープをメインにごはんやパンを付けるメニューとなっています。冷凍を持ち帰ることもできるのですが、店頭のメニューもどうせ冷凍でしょ?とタカをくくっておりました。
ところが食べてみたら、とてもおいしい!1番豪華なカレーとスープのセットを頼みました。カレーは玉ねぎとチキンのカレーで、スープは鯛出汁のスープでした。カレーのごはんにはゴマが混ぜ込んでおり、意外とカレーと合います。ルーの辛さも絶妙で、辛いけれど味覚がバカになる程の辛さではないです。最後の鯛出汁のスープは、トロトロで肌にも良さそうでした。海藻や鯛がゴロッと贅沢に入っており、濃いけれど体に染みる味でした。
スープの種類もたくさんあるので、何度か通ってしまいそうです。ただ、スープはどんどん食べ進んでしまい、お腹いっぱいだったので、カロリーには気をつけて頼もうと思います。

華形ひかるさんと真野すがたさんのW主演『フィフティ・フィフティ』

2009年に宝塚歌劇団花組で上演されたバウ・プレイ『フィフティ・フィフティ』。宝塚バウホールにて上演されました。アメリカが舞台の物語で、インチキ不動産ブローカーのジョナサンを華形ひかるさんが、プレイボーイの結婚詐欺師のヴィクターを真野すがたさんが演じました。華形さんと真野さんは同期で、この公演は2人のダブル主演でした。
後にジョナサンとヴィクターがたどり着く自然豊かなベンソン村。都会での生活に疲れこの村に戻ってくる若者もおり、結婚詐欺にあったクララを白華れみさんが、亡き祖父が残した村の居酒屋を継ぐために幼い妹レベッカを連れて戻ったパメラを華耀きらりさんが演じました。
村でジョナサンは不動産管理が専門の自治体の職員に、ヴィクターは牧師になります。ジョナサンたちを村へと連れてきたこの村の出身の警官カークを望海風斗さんが演じました。
物語終盤のキーパーソンになるレベッカを入団3年目の娘役・菜那くららさんが演じました。

母の日があったりメルカリの発送に勤しんだりした週

昨日の夕食後はまずは土曜日に毎週やっているその週のまとめをしました。
すっかり忘れていたのですがその週の日曜日は母の日で、久しぶりに電車に乗って輸入食品店でチーズなどを買い、夕食の席で振る舞いました。
クラッカーにチーズやレバーペーストを乗せて食べることは我が家では珍しいことなのでそれなりに喜んでもらえたと思います。
妹が買った赤ワインもあり楽しい夕食になりました。
他にはメルカリでの注文が時折入っておりよく郵便局に行くことになり、それは少し面倒くさかったですけど普段家に閉じこもって生活しているので良い気分転換にもなったと思います。
売り上げもかなりの額になり、まだまだ節約していかないといけないと思いつつもついつい何に使おうか考えてしまうのでした。
あと気候は暑い日と寒い日が交互に来ており、我が家ではまだこたつとストーブを使っています。
私自身は汗を拭くための濡れタオルを用意し、スウェットのズボンも閉まってハーフパンツを履くようになりました。http://www.nenkin-kiroku.jp/

SEO対策として考えるべき点とその方法とは

SEOというのは、対策を業者に任せることができます。これは要するに検索エンジン対策になります。こうした方法は意外と高い効果を出してくれるようになっています。業者にやってもらうときには見積もりを出してもらうようにしましょう。被リンク数といっても内部のこともあります。内部リンク数も非常に大事な要素です。最適化といってもそれはどの面から見るのかということによってかなり違ってくるのですが、例えば検索エンジン側からすれば正しく、質がよいサイト、求められているサイトが表示されるようにしたいわけですが検索される側としてはとにかく上位に入りたいと思うことでしょう。このいたちごっこが只管に続いているのがSEOなのです。ホームページを持っている企業が増えていますし、まして個人で持っている人も多いです。個人の場合は趣味ということもありますが収益目的のサイトもたくさん出てきています。これは適当に作られているわけでなく、物凄く技術と根気によって成り立っていることでもあります。お金 借りる 至急

80代半ばの奥様達のお話をお伺いしました

たまたま、80代の女性の方のお話をお伺いすることがありました。聞き耳を立てているとうことです。すると、ご苦労されたお話を聞くことができました。結婚ごは、同居で、小姑まで何人もいたというのです。ただ、なんと、えらいことだ。自分は一日も耐えることなどできないだろうと、尊敬の気持ちで聞いていました。このようなご苦労話をお伺いすることが大好きです。だって、自分は今、近所の幼児たちのの奇声に悩まされている、それよりも、毎日のことでご苦労だっただろうとうことです。
伺うチャンスがあったら、お伺いした良かったのですが、ご近所からのこのような圧力はでうかわしておられたのかということです。チャンスがなく、お伺いすることができませんでした。お知り合いになると、いろいろなことを教えていただける、かもしれませんね。自分の母親よりも、少し上の奥様達でしたが、お嬢さんがいるそうで、年齢的にも、お嬢様は近いかもしれません。カードローン 遅延

最近見かけなくなってしまったティープレッソ

何年か前に、エスプレッソの手法で紅茶を抽出したティープレッソというのが流行ったのだが、覚えているでしょうか。
缶入りの紅茶の需要が減る中で、ちょっとした話題になり、一時的に出荷量が増えたという話もありました。
いたるところの自販機で目につく位置にラインアップされており、メーカーの力の入れようが伝わってきました。
私も好きでよく飲んでいたのですが、最近あまり見かけなくなってきたなと感じていています。
寒くなってくると、あたたかい飲み物が欲しくなるのですが、はっきりって缶コーヒーは美味しくないですよね。
ティープレッソがあったらなと思ったりすることがあるのですが、今ではすでに作っていないんでしょうか。
メーカーのホームページを見ると、ラインナップは絞られているようですが、生産はされているようです。
しかし、私が普段使うような自販機ではどこにも置いておらず、本当に販売しているの?というレベルなんですよね。
自販機にあれば買うのになと思っているのに、ちょっともったいない感じがしてしまいます。

雑誌の付録のコスメ。意外に使えそうですよ!

最近の雑誌の付録は本当にすごいですね。びっくりしちゃう。先日880円で購入してきた雑誌の付録が、なんとコスメ。これはすごいなって思いました。前号はネイルのセットだったけど、今月のものはアイシャドウにリップグロスやチーク、それにマルチクレヨンというもののセット!見た目はやはり安いものだなって思えるのですが、意外に発色も悪くないし、十分使えると思いました。安っぽいパッケージは、やはり付録だなって思っちゃうのですが、使ってみればそうでもない。いらないかなって思っていたマルチクレヨンも意外に使いやすくって、これは重宝するかもっていうものでした。ピンク系のメイクが楽しめるコスメが880円で手に入ったかと思ったら、今回はとてもお得だったなと思います。まるで雑誌が付録のような気分にもなりましたが、雑誌の内容も良くって、買ってよかったなあって思います。他の雑誌もメイクものが付録だったから、なんだか気になってきました。追加購入考えてます。ミュゼ 100円 予約

国語じゃなく日本語の授業を受けたかったと思うのである。

本当にダメなのが、意外と日本語だったりする。いろいろあるのだが、学校で習ったのは国語であり日本語じゃないような気がするのは私だけであろうか?
国語の授業といえば、ただ単に教科書で上手に教科書にある文を読み上げる、もしくは聞き取ることが半分で他の半分は多分漢字を覚えることに集中していたわけである。
そう考えれば、実際に会話としての日本語は全く習ったわけでも英語みたいに詳しい文法を習った記憶はないからである。
もっとも、ちょっとはやったはずだが、あくまでも先ほど挙げた読み書きだけで終始した覚えしかない。読み取る力とかそういものはドリルだし、言葉の意味をおしえてくれるのはあくまでも自分が字引をひかなきゃいけないわけで、基本的なルールは付属書にあったけど先生から習った覚えはない。
さらに、付け加えれば純粋な日本語としての勉強よりも思想教育も入ってくる・・・ってこちらの方はまたの機会に書こう。いつも思うのだが、国語というものよりも日本語という授業をやるべきだと思うがいかがであろう。

Older posts Newer posts